燕人まったり観戦

「『燕人』東京ヤクルトスワローズ」へ
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
powered by プロ野球Freak

東京ヤクルトスワローズ観戦記

2011年10月9日 東京ヤクルトスワローズ 4x-3 広島東洋カープ (神宮球場)

ハム蔵解説

落合監督の退任発表後、ドラゴンズは怒涛の勢いで勝ち星を延ばし、ついにスワローズを逆転。 なんとか0.5ゲーム差で食らいつく燕軍団はまだまだ諦めるわけにはいかん。

スワローズ先発は山本斉で、カープはバリントン。 最近湿りがちの打線がバリントンを抑えられるか、そしてあまりいいイメージのない山本斉がどれだけ自滅せずに先発の責任を果たせるかが重要なポイント。

嫌な予感が的中し、山本斉が初回から四死球を連発し、悪いムードが漂う。 できれば3回裏の打席で代打を送られるまではもって欲しかったけど、3回表に満塁のピンチを招いてタイムリーを打たれたところで降板。 長い髪を切って出直したほうがよいと思う。

3-0のビハインドとなったところからリリーフ陣が奮闘する。 松井光松岡がしっかりと抑え、完全に流れをスワローズに引き寄せる。

バリントンの前に淡白だった打線も、慎也さんの技ありの一打や、浩康が粘って出塁するなど徐々にチャンスを作る。

優勝すべきチームは日替わりヒーローが生まれるもの。 代打福地の三塁打を足がかりに追いつき、最終回は福地のサヨナラタイムリーで見事な逆転勝利をあげる。

この日はドラゴンズもサヨナラ勝ちで首位を奪い返すことはできなかったが、ナゴヤでの最終決戦に向け、勢いはついたはず!

Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R
1 0 2 0 0 0 0 0 0 - - - 3
0 0 0 0 2 0 0 1 1x - - - 4

※上の写真はクリックすると拡大表示できます。