晴れた日は、戸田球場に行こう!

「『燕人』東京ヤクルトスワローズ」へ
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
powered by プロ野球Freak

ハムペン・ワールド
@HamPenWorld

ハムペンのつぶやき一覧

戸田球場

球場アクセス

戸田の地図

【車を使う場合】
住所は埼玉県戸田市美女木4638-1。 近隣の高速道路出入り口は、「戸田」、「戸田西」、「浦和南」なので、戸田総合グランドの駐車場(有料)に駐車できる。

【交通機関を使う場合】
JR武蔵浦和駅(埼京線、または武蔵野線)から国際興業バス「武浦01 美女木経由下笹目行き」に乗り、「彩湖・道満グリーンパーク入口」バス停で下車。 河川敷の土手に上がると、数百メートル先に球場が見える(バス停から球場まで徒歩10分程度)。

Google Mapを表示する

写真で綴る戸田球場の魅力

戸田球場の魅力を写真と共に紹介します。
神宮のように障害物となるフェンスがあまりないので、写真を撮りやすい。 カメラを持っていくことをオススメします。

※球場に自動販売機はあるが、夏場は特にすぐ売切れてしまうため、駅やバス停付近のコンビニ・自動販売機で買って行ったほうがよいでしょう。

戸田球場 土手からの眺め

戸田球場の土手最上段から見た景色(写真左)。 緑の芝と青い空が広がっており、晴れた日はここでのんびりと野球を見たくなる。
数は少ないが、観客席としてバックネット裏にスタンドやベンチがある。 ただし、すぐに埋まってしまうため、早い時間からの場所取りは必要。
また、土手にビニールシートなどを敷いて、ピクニック気分で観戦することもできる。 右の写真は土手からの眺め。
もちろん、観戦料は無料。

バックネット横からの眺め(バッターボックス) バックネット横からの眺め(スワローズベンチ)

バックネット横から見たバッターボックスとスワローズベンチ。
フェンス越しとはいっても距離が近いため、迫力のあるプレーやベンチの首脳陣・選手の表情がよく見える。

ファーストの後ろからの眺め(内野) ファーストの後ろからの眺め(バッターボックス)

ファーストの後ろからも見学することができ、フェンスが低いので写真を撮りやすいポジション。
ブルペンもすぐ近くのため、目の前で迫力のある投球練習を見ることができる。

選手が近い 試合の前後で選手にサインをもらえる

左の写真は選手が練習用のネットを片付けている様子で、右の写真はファンが選手(松岡)からサインをもらっている様子。
選手やコーチと同じ道を歩けるため、試合の前後でサインをもらいやすい。 また、選手達も気軽にサインや写真に応じてくれる。
※今までにもらったサインボールなどの写真は「燕グッズ記念館」に掲載しています。

球場真横の練習場 少年野球または草野球用グランド

戸田球場の横(一塁側)には陸上・ラグビー用グランドがあり、その一角に内野用の練習場がある(写真左)。
また、レフト側には少年野球・草野球用のグランドもある(写真右)。