ハムペン的映画ライフ

ハムペン的映画ライフ

HERO

HERO この映画をチェックする
公開年2007年
製作国日本
上映時間130分
監督鈴木雅之
俳優木村拓哉、松たか子、松本幸四郎、大塚寧々、阿部寛
ジャンルドラマ
あらすじ 虹ヶ浦の事件後、6年ぶりに東京地検・城西支部に戻った久利生は、傷害致死事件を担当することになる。 簡単に片付く事件と思われていたが、裁判になって被告が無罪を主張し始め、さらに敏腕弁護士の蒲生が弁護することで、久利生は窮地に立たされることになる。 さらにこの事件の被告は花岡代議士の贈収賄事件の重要な参考人であることがわかる。
ハム蔵
お気に入り度 50%

そこそこ楽しめるけど、蛇足的要素満載!

個性が強烈な城西支部に戻ってきた久利生を待っていたのは芝山の担当事件の引継ぎ。 実は芝山は奥さんとの離婚裁判との真っ最中! ついに美鈴さんとの関係がバレたかぁ~と思ったら、そうでもないのね・・・

残りのメンバーも相変わらず。 部長は相変わらず胃が痛そうだし、末次さんはお人好しすぎで、江上さんは意外なところで役にたつ。 鍋島次席もいつも通り、どこからともなく現れるところなんか、TVドラマそのまんまでした。

公務員なのに、6年経ってもメンバーが変わらないってのはちょっと設定に無理がある。 久利生なんて何度も転勤してるのに。 それに、車の解体工場にみんなでお出かけしていいわけ? 部長と警備の兄ちゃんだけだと、オフィスが寂しそうだ。

お馴染みのバーの「あるよ」ももちろん登場だけど、おじさんと虹ヶ浦の「あるよ」のおじさんの関係は明かされないまま・・・ それが一番気になる!

全体的に纏まりがあって映画版もそこそこ楽しめるけど、韓国編はいらない気が・・・ イ・ビョンホンのファンを劇場に呼ぶために無理矢理詰め込んだ感が否めない。 中井貴一も出演する必要がない。

そしてラストの久利生と雨宮のキスシーンはいただけない。 TVドラマがよかったのは、2人の関係をサブ的要素にして微妙なままで終わらせたからなのに。 蛇足感を非常に感じた作品であった。

ペン吉
お気に入り度 50%

おなじみの中間達大集合

テレビシリーズが大好きで、何度も見ている。映画化、そしてイ・ビョンホンやタモリなどキャストが豪華でどんな作品になるのだろうと思っていた。相変わらずの仲間たちにほっとする。柴山さんは離婚調停中でしたが(笑)あの不倫相手は美鈴さんだとバレてないのだろうか・・・。今回は命の重さを知る裁判なんです!事件に大きいも小さいもない!相変わらずのモットーに感心&応援。韓国ロケとか話題づくりには事欠かないけど、必要だったかといわれたら特には(汗)そして最後のチューで大ブーイング。