ハムペン的映画ライフ

ハムペン的映画ライフ

キル・ビル Vol.2

キル・ビル Vol.2 この映画をチェックする
原題Kill Bill Vol.2
公開年2004年
製作国アメリカ
上映時間136分
監督クエンティン・タランティーノ
俳優ユマ・サーマン、デビッド・キャラダイン、ダリル・ハンナ、マイケル・マドセン
ジャンルアクション
あらすじ 自分の結婚式の襲撃犯であるオーレンとヴァニータを倒し、残る標的はバド、エル、ビルとなる。 ブライドはバドの住むテキサスに向かうが返り討ちにあい、墓場に生き埋めにされてしまう。
ハム蔵
お気に入り度 80%

エル・ドライバーは映画史に残る悪キャラ!

第2弾でもタランティーノ節が全面に炸裂している。
特にパイ・メイとの修行シーンやラスト近くのビルのスーパーヒーローにまつわるウンチク話。
「映画マニアが好きなように映画作ったらこうなるんだぞ!」ってオーラが満々の作品。

それにしてもエル・ドライバーはかなりの悪キャラだね。
ビルの実弟のバドを殺して手柄と半蔵ソードを自分のものにしちゃうんだもの。
さらにパイ・メイまで毒殺していたとは・・・

この終わり方だと、Vol.3は本当にありそうだね。
エル・ドライバーとヴァニータの娘が手を組んでブライドに復讐・・・
「キル・ビル」というタイトルは使えないだろうけど、是非実現してほしい。

ブライドは娘を取り戻したけど、これから母親としてやっていけるかな?
ビルはブライドのことを「ナチュラル・ボーン・キラー(生まれついての殺し屋)」って言って警告してるし。
クラーク・ケントとピーター・パーカーの話はおもしろかった。
確かに両方スーパーヒーローだけど、生まれつきのヒーローと突然変異のヒーローは状況が違うってことだ。

前作のオーレンや今作のエルとの戦いは興奮したけど、ラストのビルとの勝負は西部劇のように一瞬できまるってのもいい演出だった。

エンドロールで流れるMalagueña Salerosa (by Chingon)はハム蔵お気に入りの曲!
ちなみに作ったのはタランティーノの盟友、ロバート・ロドリゲスです。