ハムペン的映画ライフ

ハムペン的映画ライフ

ロード・オブ・ウォー

ロード・オブ・ウォー この映画をチェックする
原題Lord of War
公開年2005年
製作国アメリカ
上映時間122分
監督アンドリュー・ニコル
俳優ニコラス・ケイジ、ジャレッド・レト、イーサン・ホーク、ブリジット・モイナハン
ジャンルドラマ
あらすじ ウクライナから家族と共にアメリカに移住したユーリ・オルロフは近所のロシアレストランでの銃撃戦を目撃したことをきっかけに、武器商人の道を選ぶことになる。 インターポールによる捜査を逃れつつ、世界屈指の武器ディーラーとして成功したユーリにリベリアの大統領が取引を持ちかける。
ハム蔵
お気に入り度 60%

土壇場の勝負強さがユーリの武器

長年のあこがれだったミス・アメリカのエヴァと結婚するシーンなんて、用意周到すぎて凄い。
ここまで先の先や相手の心を読む力があれば、世界で成功できる理由がわかる。

毎回バレンタインの捜査を乗り切ろうとして奮闘する姿がおもしろい。
それでもいつも合法になるように機転が利くのも凄いけど。

「武器商人」という重たそうなテーマだけど、時にコミカルに、軽快に描写しているため、エンターテイメントとして見やすい作品。
どうあがいてもユーリを捕まえられないバレンタインは可哀想だけど、これが矛盾だらけの世の中なのかな。

でも、自分の赤ん坊が歩いたことよりも、冷戦が終わったことを喜んだり、最後に正義感に目覚めた弟を無視して取引を推し進めようとしたり、心を捨てなきゃならないってのは悲しい商売だね。