ハムペン的映画ライフ

ハムペン的映画ライフ

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル この映画をチェックする
原題Mission:Impossible - Ghost Protocol
公開年2011年
製作国アメリカ
上映時間132分
監督ブラッド・バード
俳優トム・クルーズ、ポーラ・パットン、サイモン・ペグ、ジェレミー・レナー
ジャンルアクション
あらすじ イーサン率いるIMFチームはロシアのクレムリンでの作戦中に大爆発に巻き込まれ、爆発犯の汚名を着せられてしまう。 ロシアとの関係が悪くなったことでアメリカ政府はIMFを政府から切り離す「ゴースト・プロトコル」を発令する。 核戦争への引き金となる暗号を取り戻すため、イーサン達は政府の後ろ盾も無いまま世界を駆け回る。
ハム蔵
お気に入り度 70%

IMF最大のピンチ!

裏切り者の烙印を押され、組織の後ろ盾を失ってしまうところは第1作とよく似ている。
今までイーサンをサポートし続けてきたルーサーが出てこないところから推測すると、シリーズを一度リセットしようという思惑が伺える。

ハリウッドで流行のシリーズ物の「リブート」ではなく、続編という立場を取りながらイーサン以外を一新して新鮮さを出そうとしたところは評価したい。

冒頭の刑務所、タイトル画面、クレムリン、ドバイでは緊張感・スピード感たっぷりで、アクションも最高!すごく楽しめた。
しかし、前作同様、後半に尻すぼみな感じだった。

せっかくなら立体駐車場よりも砂嵐の中のカーチェイスをクライマックスに持ってきてほしかったなぁ。

映画中盤でイーサンが武器商人に会いに行く場面があるけど、船着場で火をつける合図やマスクを被るシーンは、第1作のマックスと出会うシーンそっくり。
今回はマックスが再登場して「あの時のあなたの仕打ちにはガッカリしたわ」なんてイーサンに言ってくれるのかとハム蔵は期待しておりました・・・ その願いは届かなかったけれど。

さて、イーサンは前回結婚してしまいましたが、それが今回はどうなるのかと思っていたら・・・
なんと結婚をなかったことにしちゃうような展開!
これは前回の失敗を認めちゃったってことでいいのかな???

ラストの駐車場での対決で、イーサンは自動車に乗って落下しちゃうけど、字幕によると「100メートル落下」ってあった。
そんなに高かったように見えなかったし、100メートルだと即死じゃない???
英語台詞を聞き逃してしまったけど、「100フィート(30メートル)」の間違いじゃないかなぁ。
字幕を作ったのは戸田奈津子さんだし・・・

もしこれから劇場に足を運ぶ方がいたら、確認してみてください!

最後にルーサーとジュリアが登場するけど、どう見ても蛇足としか感じられなかった。
サービスシーンを入れるより、パリッとシビれるラストシーンを作って欲しかった。

あと、インドで走らせた最新式の車だけど、「マイノリティ・リポート」みたいに地図を表示させるだけではなく、もっと見せ場を作って欲しかった。
あの車欲しい!と思うハム蔵であった。