ハムペン的映画ライフ

ハムペン的映画ライフ

私の中のあなた

私の中のあなた この映画をチェックする
原題My Sister's Keeper
公開年2009年
製作国アメリカ
上映時間109分
監督ニック・カサヴェテス
俳優キャメロン・ディアス、アレック・ボールドウィン、アビゲイル・ブレスリン、ジェイソン・パトリック
ジャンルドラマ
あらすじ 白血病を患う姉のケイトのドナーとなるために、遺伝子操作で生まれてきたアナは11年間で何度も移植手術を受けていた。 日に日にケイトの症状は悪化し、今度は腎移植をすることになる。アナはこれ以上の移植を拒むため、弁護士を雇って両親を告訴することになる。
ハム蔵
お気に入り度 50%

家族とは

姉の命を救う為に生まれてきたアナ。
「スペア」という言葉が当てはまるが、幼い子供にとっては「姉を救う」というのはあまりにも重過ぎる。
移植手術に自分の意思なんて無いからね。 両親がそう決めてアナを「作った」んだもの。

特に母親のサラはケイトを守ろうという使命が異常に強い。
告訴したアナに相当な罵倒を浴びせるし、ケイトをビーチに連れて行こうとした夫にも食って掛かる。
そしてサラは元弁護士であるため、法廷でも強さを大発揮!

裁判シーンはもちろん登場するけど飾りのようなもので、ストーリーのほとんどは過去のフラッシュバック。
ケイトはつらい闘病生活の中でも喜びを見つけ、恋をする。
そんなケイトをずっと見てきたアナが「告訴」という手段に踏み切ったのは相当つらかったろうなぁ。

ラストのアナへの証人尋問では派手な家族会議のようになったり、弁護士の介助犬が驚きの名前だったり、「おもしろいから放っておきましょう」という裁判長の一言があったりと、笑えるシーンもたくさんある。

「誰のために、何のために生きているのか?」
子供がいる人にとっては深く考えさせられる作品ではないかと思う。

ジェーソン・パトリックは久しぶりに映画で見た。「スピード2」や「スリーパーズ」以来かな?