ハムペン的映画ライフ

ハムペン的映画ライフ

ショーシャンクの空に

ショーシャンクの空に この映画をチェックする
原題The Shawshank Recemption
公開年1994年
製作国アメリカ
上映時間143分
監督フランク・ダラボン
俳優ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン、ボブ・ガントン、クランシー・ブラウン
ジャンルドラマ
あらすじ 銀行員のアンディは妻とその愛人を殺した罪で終身刑を言い渡され、ショーシャンク刑務所に投獄される。 最初は他の囚人との交流を避けていたアンディだが、レッドと出会ったことで彼の仲間たちと親しくなったり、刑務官からも一目置かれる存在となる。
ハム蔵
お気に入り度 100%

言葉は不要!全てが弾ける完璧なラストシーン

好きな映画を聞かれると、真っ先にこの作品や「ブレイブハート」「レオン」を挙げる。
何度見ても飽きなくて、何度見ても感動するんだよなぁ。
最後に逆転サヨナラホームランを打つような爽快感は他の映画では味わえない。

アンディが雨を浴びるシーンや最後のジウアタネホのシーンは感動的だし、アンディが臨時税務署を開いたり図書館を拡大するシーンはコミカルで面白い。
そして、署長を2つの言葉でノックアウトするシーンは特に秀逸。
「救いはこの中に」や「主の裁きはくだる いずれ間もなく」は前半で出てきたけど、まさか後半で生きてくるとは思わなかった。信仰心の厚い署長に対する最高の皮肉だね。

就業後のビールはもちろん、豪華な図書館、高校卒業資格への道、そして生きるという希望など、アンディがショーシャンクに遺したものは凄い。

「必死に生きるか、必死に死ぬか」
強き者が残した言葉は強い。
それがレッドの心を動かし、最高のラストシーンを生んだ。

原作ではレッドがジウアタネホに向かうところで終わるが、アンディとの再会を描いたのは映画のオリジナル。
台詞無しであそこまでの感動を引き出せるのは、まさに「芸術」の一言だ。