ハムペン的映画ライフ

ハムペン的映画ライフ

ウォーリー

ウォーリー この映画をチェックする
原題WALL-E
公開年2008年
製作国アメリカ
上映時間97分
監督アンドリュー・スタントン
俳優ベン・バート、エリサ・ナイト、ジェフ・ガーリン
ジャンルアニメ映画
あらすじ 29世紀の地球は汚染しつくされてゴミの山ができており、人間達は宇宙船に乗って地球を離れていた。 地上で唯一動いている物体はゴミ処理ロボットのウォーリーだけであり、毎日黙々と作業を続けていた。 ある日、宇宙船が飛来し、その中から出てきた探索型ロボットのイブとウォーリーは仲良くなる。 そして、ウォーリーはイブにあるものを見せたことから、宇宙の大冒険に発展する。
ハム蔵
お気に入り度 80%

人類への警告

前半、人間が登場するまで全くといっていいほどセリフがないので、「あれ、字幕オフにしてたっけ?」って思ってしまうほど。
でも、ウォーリー、イブ、ゴキブリ君がそれぞれ何を言いたいのかはアクションでわかるので、セリフが無いことを忘れさせてくれる。
子供が見るにはちょうどいい映画なのかな。

後半登場する人類はロボットに完全介護してもらう生活に慣れすぎて、自分の力で立ち上がることすらできないほど。完全に肥満で、骨も退化してしまうとは・・・。

ゴミ問題といい、メタボ問題といい、現代社会をよく反映している作品だと思う。
今の生活を続けると700年後はこうなるよっていう警告だね。

また、ロボットの反乱や船長が立ち上がるところは、「ツァラトゥストラはかく語りき」が流れており、「2001年宇宙の旅」の猿人が武器を手にするシーンのオマージュだね。