ハムペン的映画ライフ

ハムペン的映画ライフ

X-MEN: ファースト・ジェネレーション

X-MEN: ファースト・ジェネレーション この映画をチェックする
原題X-Men: First Class
公開年2011年
製作国アメリカ
上映時間131分
監督マシュー・ヴォーン
俳優ジェームズ・マカヴォイ、ミヒャエル・ファスベンダー、ケヴィン・ベーコン、ジェニファー・ローレンス
ジャンルアクション、ドラマ
あらすじ 突然変異により特別な力を持ったミュータントのプロフェッサーX(チャールズ)、マグニートー(エリック)、ミスティーク(レイブン)、ビースト(ハンク)らが出会い、ミュータントを恐れる人間達や第三次世界大戦を巻き起こそうとするヘルファイアクラブと戦う。 また、ミュータントの中でも、人間との共存を理想とするチャールズと、人間を支配しようとするエリックは対立してしまう・・・
ハム蔵
お気に入り度 80%

X-MEN創世記!

「キューバ危機」という歴史的事件とリンクさせつつ、各ミュータントの特徴や背景をうまく描いている。 それぞれの特殊能力を生かし、第3次世界大戦を阻止するところなど見所は多く、初めてX-MENを見る人にも満足してもらえそう。

もちろん、なぜチャールズは車椅子生活なのか? なぜチャールズとエリックは敵対することになったのか? なぜミスティークはエリックに着いていったのか? なぜビーストはあんな姿になったのか? X-MEN創設の起源は? といった過去3部作の謎がここで解明されている。 ウルヴァリンはちょこっと出てくるし、幼少期のストームと思しき人物も少しだけ映るなど、昔からのX-Menファンをニヤリとさせる要素も多く含んでいる。

ラストにはほとんどのミュータントが生き残り、続編を匂わせるような内容で終わっていることから、「新3部作」が作られそうな予感。 実際にチャールズとエリックがジーン・グレイを迎えに行った時(第3作)は2人一緒にいたし、第1作でチャールズのテレパシー能力を増幅させる装置はエリックと一緒に作ったと言っていたことから、続編で共闘・決別の物語を軸に作られると予想する。

ペン吉
お気に入り度 60%

ペン吉、チャールズに弟子入り懇願!能力は瞬間睡眠

ペン吉にとって2本目のXメン。 個性的なミュータントばかりの集まりで楽しい。 人間ドラマありのアクション映画。 ミュータントの学校はどうやってできたのかがわかる。 個人的にはとことんいい人が好きなので、チャールズ派。かっこいいしね。 今回ミスティークのことが少しだけ好きになった。