Mr.Children TOUR 2011 "SENSE"
at さいたまスーパーアリーナ (2011年5月8日)

2011年5月8日にさいたまスーパーアリーナで行われた「Mr.Children TOUR 2011 "SENSE"」に行ってきた。 ハム蔵にとっては始めてのミスチルLIVE!ということで大興奮でした。

※以下、セットリストや公演内容などのネタバレを含んでいます。 ブルーレイやDVDをお楽しみにしている方はご注意ください!

【 セットリスト 】

  1. NOT FOUND
  2. HOWL
  3. 名もなき詩
  4. I'm talking about Lovin'
  5. エソラ

ここでMC。 「最高のゴールデンウィークにしましょう。」という桜井さんのメッセージ。

  1. HANABI
  2. くるみ
  3. 花 -Memento Mori-
  4. 【es】 ~Theme of es~

ここで一度幕が下りて、深海をイメージした映像が流れる。

  1. Dive~シーラカンス~深海(最後のワンフレーズ)
  2. I
  3. ロザリータ
  4. 365日
  5. ロックンロールは生きている
  6. フェイク
  7. ポケットカスタネット
  8. HERO
  9. 擬態
  10. Prelude

[ Encore ]

まずはMC。 「日常の世界を映し出した曲」とコメントする桜井さん。

  1. 横断歩道を渡る人たち
  2. fanfare
  3. Forever

『Forever』前の映像から、震災前まではここで終了だったことがわかる。 そして桜井さんは「震災の後、自分たちに何ができるか話し合って作った曲」と話した後・・・

  1. かぞえうた

【 感想 】

一曲目は『NOT FOUND』。 一番好きなの曲が流れてハム蔵は大興奮! 序盤は『HOWL』『名もなき詩』『エソラ』『HANABI』などで大盛り上がり。

中盤は『くるみ』『花 -Memento Mori-』をしんみりと聞き入ったところで、まさかの『【es】 ~Theme of es~』。 ライブDVDでも見たことなかったので、イントロが流れた瞬間ビックリだった。

そして、幕が下りてからの『Dive~シーラカンス~深海』は『SENSE』が海上のイメージに対して、海底に深く潜っていくような感じ。 アルバム『深海』も大好きな一枚なので、この演出は嬉しかった。 幕が上がってからは世界観が戻ったかのように4曲連続で『SENSE』からの選曲。 新旧の組み合わせで凄い演出になった!

終盤、『ポケットカスタネット』などの少し前の曲が続いた後は一気に畳み掛けるように『SENSE』を代表する『擬態』と『Prelude』で会場の盛り上がりは最高潮に達した。

アンコール最初のMCでは話の流れから『Any』の予感がしたけど、『横断歩道を渡る人たち』が流れた。 今までほとんど聴いたことなかったけど、凄くいい曲で感動した。 生の『fanfare』もすごくよかったし、『かぞえうた』もこんな時代・状況だからこそ一層心に響く曲。 初めてのミスチルLIVEだったけど、どの曲も素晴らしく、ずっとこの世界にいたいと感じた。

Mr.Children、素敵な一夜をありがとう!

関連商品