ハムペン的映画ライフ

ハムペン的映画ライフ

アマルフィ 女神の報酬

アマルフィ 女神の報酬 この映画をチェックする
公開年2009年
製作国日本
上映時間125分
監督西谷弘
俳優織田裕二、天海祐希、戸田恵梨香、佐藤浩市
ジャンルサスペンス
あらすじ イタリアの日本大使館に赴任した外交官の黒田は、外務大臣のイタリア訪問の準備に追われている中、日本人少女誘拐事件に対応することになる。 犯人グループからの電話に「父親だ」と名乗ったことで、誘拐された少女の母親の矢上と行動を共にすることになり、電話での逆探知から舞台をローマからアマルフィに移すことになる。
ハム蔵
お気に入り度 70%

イタリア大周遊映画!

今回の織田裕二は「踊る」シリーズの「青島俊作」のような軽いキャラではなく、「振り返ればヤツがいる」の司馬先生のような冷静なキャラクター。 刑事でもないのに洞察力に優れているという面もある。

ロケは全てイタリアで行ったようで、美しい風景が最初から最後まで続いている。 犯人との身代金の取引場所にも観光地ばかりが選ばれるという絵的に大サービスな作品。

タイトルは「アマルフィ」じゃなくてもいい気がするけど、この映画のおかげで日本人観光客が何倍にも増えてしまったから、現地の人にとってはよかったのかな?

実際にこの映画を見た後にイタリア旅行に行ってきたけど、すごく綺麗な街ばかり。 またこの映画を見て旅行の余韻に浸りたい気分だ。

ストーリー的には誘拐事件の裏に犯人グループの真の目的が隠されており、ラスト近くまでわからないので、ハラハラしてしまう。

サラ・ブライトマンの歌声は綺麗だった。

ペン吉
お気に入り度 50%

暴走気味だけど、実はとってもいい人、黒田さん♪

冒頭の安達香苗と出会うスリのところから黒田がかっこいいキャラ。 佐伯章吾(福山雅治)はちょこっとしか出てこなくて残念。 取り乱したりうろたえたりする母親役はもう少しイメージに合う女優さんでもありだったかも。

犯人はまあ、一番いい人に見せかけている味方だと思ってた人なんだけど。 本当の目的は誘拐ではなく・・・だから本当にいい人なんだきっと。 イタリアの景色は美しく、音楽も耳に残る素敵な曲。