ハムペン的映画ライフ

ハムペン的映画ライフ

南極料理人

南極料理人 この映画をチェックする
公開年2009年
製作国日本
上映時間125分
監督沖田修一
俳優堺雅人、生瀬勝久、きたろう、高良健吾
ジャンルドラマ
あらすじ 海上保安庁に務める西村は突然、南極のドームふじ基地での1年間の駐在を命じられる。 昭和基地から1000キロも離れ、標高3800メートル、気温-70度でペンギンやアザラシはおろかウィルスすらも生存できない過酷な場所で、西村は他の7名の隊員を飽きさせないため、毎日さまざまな料理を作る。
ハム蔵
お気に入り度 70%

外は極寒の密室で、幸せの一口をどうぞ。

これは1997年頃の南極基地のお話。
個性溢れるメンバーが揃っているが、「男臭い」が第一印象。 みんな気楽に各々の仕事をやっている。

電気は通っているようで、FAXも受信できる。 基地から日本へ電話もかけられるが740円/分とかなりの高額。 冷蔵庫は無くて基地の外に飲食料は放置。 冷凍すると食べられない物があったり、水は自分達で作らなくてはならなかったり、低気圧のため沸点は85度と、地上に比べるとかなりギャップのある生活(ある意味サバイバル!)を送ることになる。

その中で、伊勢海老を豪快に使った超ジャンボ海老フライだったり、誕生日にビーフステーキ、冬至パーティーにはフランス料理、持っている材料を組み合わせてラーメンを作ったりと素晴らしいコックさんだ。 創意工夫のないコックだったら他の隊員のモチベーションあがらないし。

こういう基地での仕事に向いている人達って、きっと何年でも研究や好きなことに没頭できる人だよね。 新婚夫婦や遠距離恋愛をする人には絶対に勧められない環境がにじみ出ている。

ハム蔵の体もラーメンでできているため、ラーメン屋の無い南極での生活は無理だと思った。

ペン吉
お気に入り度 70%

食べることは生きること、笑うこと

食欲増進映画とも言える。つらいことがあってもおいしいものを食べて笑っていこうという気持ちになる。とりあえず、ラーメンが食べたくなったのは間違いない。この映画を映画館で観たら、帰りに必ずラーメンを食べに行っていたに違いない(笑)関係ないけど、人生最後の日には何を食べようかなと考えてしまう。